カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション(UC Irvine Extension)留学生インタビュー

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション(UC Irvine Extension)留学生インタビュー

お気軽にお電話ください

03-5361-7676

営業時間 10:00~19:00

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学生 A.I さん

4週間 ビジネス英語プログラム

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学のきっかけ

友人よりUCIの語学プログラムとACPのよい評判を聞いていたため、私も短期間でサティフィケイトを取得できる、? マーケティングを受けたいと思ったのがきっかけです。 UCLAも候補でしたが、夜のみの授業かつ、入学条件 がTOEFLだけだったため、UCIを選びました。

実際カリフォルニア大学アーバイン校エクステンションで感じたこと

ACPを受ける前に4wのBusiness Englishを連続して受講しました。4wのBusiness Englishでは、月ごとに コースが決まっており、私が受講したタイミングはファイナンスとマーケティングでした。何よりも予想以上の 宿題の多さに驚きました。?マーケティングについての知識はありましたが、ファイナンスは無知だったため、私にとっては かなりハード?な内容でした。私が在籍していたマーケティングのクラスでは、英語力によりレベルが 2つに分かれており、その中で各レベル2つずつのクラスがありました。プレゼンや、グループワークが?多い 授業のため、英語が出来ても、ビジネスに全く関わったことのない人にとっては大変だろうなあと感じました。 下のレベルでは、ビジネスを初めて勉強する方が多いようで、社会人経験のある人は、16人中4人だけでした。 社会人経験がある方には、少し内容が物足りなく感じるかもしれません。上のクラスの方が社会人経験者の 割合が多いようです。 ファイナンス受講時は、ブラジル、トルコ、日本、台湾人と一緒のクラスで、マーケティングでは、日本、ロシア、 ブラジル、マカオ、ペルー、韓国、中国人と一緒のクラスでした。?8月のマーケティングのクラスでは日本人の 学生さんがかなり多かったです。授業外では、ESLのアクティビティーでボンファイヤーや、プールパーティなど もあり、海外生活を楽しめるように工夫されてると感じました。何よりも痛感したのは、自分の視野の狭さです。 私の思っていた一般常識は、あくまでも日本の環境によってできてるもので、決して世界の常識ではないと 感じました。元から内気なタイプではないですが、留学し他国の生徒と接する中で、違いを認められる心の広さを得られ、さらに自発的に行動し、ポジティブな考え方が身に付いてきたと感じます。

これからカリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学する方へのメッセージ

日本人の思うSHYは、日本の中での内気な人のことだと考えられて いると思いますが、?外国人が思うSHYは、アジア人全員だと思われて います。なぜなら彼らの文化は、身の回りで起きたたわいのないことを よく話すことになれているからです。実際にヨーロッパの生徒なども 含めて、同じ国、同じ肌の色で固まりがちですが、この壁を打ち破れる人、 すなわちアジア人以外の人と絶えず行動できる人が、断然に英語を 早く話せるようになります!私自身、ほぼアジア人以外と生活を楽しんだ結果、 UCI入学前のTOEIC680点が、4週間のBusiness Englishのコースを2回受けた後、810点まで上がりました! せっかく高いお金を払ってアメリカに留学するのですから、日本で なかなか接することのできない、アジア人以外の人といっぱい話して ください!また留学前に、日本で会話中心の英語をたくさん勉強してください! その方が早く友達ができますし、格段と留学生活を楽しめるのでおすすめです。

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学生 J.F さん

10週間 集中英語プログラム

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学のきっかけ

現在、日本国内で自分のビジネスを持っています。東北で起こった震災がもたらした被害の大きさと、その後 の混乱を目の当たりにし、ふと自分自身のもつ世界が小さいことに気がつきました。今後のビジネス環境も 考えて、自分の視野、可能性を広げるため、少しの間、従業員に任せ、留学することにしました。現在の10週間 の英語プログラムを受講中で、この後、 経営プログラムを選択する予定です。今のところ、 アメリカで働くつもりは無いのですが、この留学をきっかけとし、日本に帰ってからは、日本と海外を繋ぐビジネスで、社会に貢献できればと考えています。

実際カリフォルニア大学アーバイン校エクステンションで感じたこと

集中英語のクラスは、例えば、「学校で、制服を強制することの是非について意見を述べよ」といった概念的、 思想的な内容が多いので、多少英語力があって、実務的な勉強をしたい方にとっては適切ではないかもしれません。 しかし、授業そのものについては、課題も相応にあり、内容自体はしっかりしているという印象です。 実際、現地での他の語学学校に通っていたけれども、なかなか成果を上げられなかったため、UCIに移って きたというクラスメートもおられました。初日のPlacement Testで、実力に応じたクラスに振り分けられますが、 事務局と相談の上、変更することも可能なようです。クラスメートは、本国で学生をしているという方が多いのですが 、新卒や会社の研修で来られている方、中には会社を退職して来られている方もおられます。キャンパスは 非常に広大で、施設もしっかりしているので、この点は問題ないと思います。大学のあるアーバインは、 南カリフォルニア特有の大変過ごしやすい気候で、治安もよく、多くの生活施設が充実しています。但し、 アパートメントは他の地域より賃料が高く、日本と異なり、契約期間の拘束も強いので、私はホームステイしています。地域的に、公共交通機関が必ずしも充実している訳ではないのと、とにかく土地が広いため、車があると、とても便利です。アメリカ生活にはだいぶ馴染んできましたが、まだ留学して2ヶ月ですので、これからですね。

これからカリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学する方へのメッセージ

その人の置かれた立場によって、留学の目的はそれぞれだとは思いますが、志を高くもって、 まずはチャレンジしてみてはどうでしょうか。きっと、意味のある経験ができると思いますし、意味のある経験に しないといけないと思います。私を含め、家族や仕事のことなど、留学するには困難な状況を抱えている人も多いかもしれませんが、後で 自分自身の人生を振り返ったとき、後悔することのないよう、全ての決断に責任をもてる生き方をするのも大切なことではないかと思います。

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学生 M.K さん

ACP TEFLプログラム

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学のきっかけ

リスニングに特化した英語の先生をしていて、更に先生としての技術をBrush Upする為。

実際カリフォルニア大学アーバイン校エクステンションで感じたこと

このコースは教授法のメソッド、歴史、最新メソッドと学ぶクラスで、子どもに有効なメソッドが多い気がします。この授業を受けて、子どもに英語を教えたい気持ちになっています。授業の前半は、良いこと、悪いことなど 知識を蓄え、後半は現地の小学校に行って実践授業などもあります。主に、子ども対象の英語教授法が多く、大人にも活用できるが、大人専門の教授法ではないと感じます。このクラスはTOEIC点数ぎりぎりでリスニングの弱いひとは授業についていくのが大変なコースに感じます。でも。集中英語コースを受けてから受講して からの他の生徒さんは少し余裕があるように感じます。ワークショップの時間帯に招待講師を呼んで授業行い、大人を対象とした、失敗を恐れないように教える方法、プレゼン(デモ授業)など実践的な授業です。 現地のネイティブのエクステンション英語教授法のクラスと、インターナショナルのクラスを混ぜて授業を行うこともありました。プレゼン内容としては、メソッドを作った人の記事を要約し、気に入ったところや、こんな場面で使用してみたい。発音の授業では、好きな音を選び、実際に音の出るものを使用してプレゼンしてみたり、 30分のデモレッスンを行ったりしています。日本人も多いですが、日本語が聞こえることも無く、アメリカで勉強している感じがします。ホームステイを最初選び、ロケーションはとてもよかったですが、私には合わず、途中から他の方とアパートをシェアしました。ホームステイはあたりはずれがあるって本当なんだと思いました。

これからカリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学する方へのメッセージ

大変なことも歩けど、日本で勉強するより、すぐにレベルが高まるからお勧めです。無理しないレベルで、頑張ったと思うぐらいで行くのが いいレベルのように感じます。また、日本で英語を勉強を出来るだけしてから、渡米したほうがいいです。特にリスニング!また、出来るなら 3ヶ月以上の留学がお勧めです。3ヶ月すると、レベルが上がった実感が出てきます。それから、ACPを勉強できたらベストです! 英語教授法を受講するなら、TOEIC900ぐらいまであげるか、TOEFLの基準レベルを目指すといいと思います。

匿名希望

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション 10週間 集中英語プログラム

カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学のきっかけ

会社の留学制度がきっかけで、10年前にUCIのプログラムを一度受講していた、UCIにまた戻ってきました。 10年前は知り合いに、ビーチもあるし、内陸過ぎない、安全な地域、静か勉強するのに最適の環境お勧め大学を言われて、UCIを選びました。 今回は、勉強することを目的として、教師のレベルの高いUCIを選びました。 英語の能力の向上が一番の目的であり、MBAに入りたいと思っています。

実際カリフォルニア大学アーバイン校エクステンションで感じたこと

教師のレベルも高く、授業内容がいいですね。今は、サウジアラビア、トルコ、ブラジル、台湾、中国、日本人、 イタリア人、スペイン人がクラスメイトです。宿題は毎日1~2時間くらいの量をしています。また、アメリカ滞在 1ヶ月半ですが、TOEICのスコアが渡米以前より200点上がりました。本当はACPのビジネスアドミニストレーションを 受講する予定だったのですが、金融機関ですでに働いていたこと、また、英語を勉強するのであれば、 10週間の語学プログラムの受講を勧められ、こちらのプログラムを選択しました。年齢層としては、 このクラスは20代前半が多いですが、30代の方もいます。地域についてですが、交通便はあまりよくないです。 ホームステイの人は結構遠いところから多い印象があります。ですので、長期の滞在の人は車があるといいと思います。また、車を保有しないのであればUniversity Apartmentがいいかもしれないですね。あまり、アメリカ人との交流の機会がないので、積極的に行動しています。そして、ネイティブの感覚を身につけるよう努力しています。日本食が恋しくなりますが、日本食店もありますし、なんでもあるので、問題ないです。この経験を生かし、MBAを取りに行きます!

これからカリフォルニア大学アーバイン校エクステンション留学する方へのメッセージ

UCIはいいところです。自分自身は、英語が苦手ですが、すぐにTOEICが伸びたので、誰でも行けば、英語の能力は上がると思います。